ひげ 脱毛器

ホルモンバランスの関係で、女性でもひげに悩まされることがある

女性だってひげで悩む

ひげというと、男性的なイメージがあり、男性特有のものだと思われがちですが、女性でもひげが生えます。濃さや多さ、範囲については個人差がありますが、産毛程度ならば多くの女性にも生えているはずです。中には、男性ホルモンが多かったり、ホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンの減少により、相対的に男性ホルモンが多くなる現象等で、女性でも濃いひげが生えてしまうことがあります。男性ホルモンは、体毛に関係があるという事が、研究から明らかになりました。なので、女性でも男性ホルモンが多い人は、特に気を使う部分なのです。女性にとってひげが濃かったり、目立つくらいのひげが広い範囲に生えていると、女性らしい美しさから遠ざかってしまうので、ひげを気にする女性は意外と多くいるのです。

ひげにも有効な脱毛器がある

一般的には、ひげに脱毛器は効果が無いので、効果的な方法は生活習慣を変えるしかない、と言われています。確かに、大豆イソフラボンという、女性ホルモンに近い物質を多く含む食べ物を食べる事も重要ですが、最近はメーカーもひげの処理にも有効な脱毛器を開発しています。その一部を紹介しますと、家庭用脱毛&美顔器の「ケノン」という商品が、コスメの口コミランキングでも1位を取るくらい評判が良くて、実際に体験した写真を載せて、効果を実証してくれている人もいます。他にも、「トリア・パーソナルレーザー脱毛器」という、握りやすい形をした脱毛器もあり、皮膚科も認めた安全性で評価が高い商品です。

ひげの脱毛、女性の脱毛と男性の脱毛

ひげの脱毛、女性と男性の脱毛、その違いについて

ヒゲ脱毛、女性の場合の注意点

ヒゲ脱毛は、女性と男性では大きく違います。今回は、それぞれの性別による「ヒゲ脱毛の違い」を見ていきましょう。

 

女性の場合、ヒゲは濃くないので、光などによる脱毛でもしっかりと効果を得ることができます。
また、女性の場合、「脱毛」という方法がとてもメジャーであるため、業界内で競争が起こり、価格が落ち着いているのも魅力です。

 

反面、女性のヒゲ脱毛の場合では、「対応していません」「顔の脱毛はできません」「全身脱毛プランには顔の脱毛は含まれておらず、別料金です」としている脱毛エステサロンも多いため、注意が必要です。

 

ヒゲ脱毛、男性の場合の注意点

男性の場合、女性とは違い、ヒゲは基本的に濃いです。
そのため、光脱毛では満足な効果が得られにくい、という危険性が極めて高いでしょう。

 

そのため、一本一本処理していくニードル脱毛や、光脱毛より強力なレーザー脱毛を使うことを勧められることが多いです。

 

また、男性の場合は女性に比べて需要が低いため、価格競争が起こりにくく、提供される金額がとても高くなります。
このように考えていくと、ヒゲ脱毛は、男性の方が、金銭的にはかなりダメージが大きいことがわかります。

 

どこで受けるか、を慎重に考える必要がありますね。